親の死でブログ集客は不謹慎: 真実を語るウォッチ39

自称墨田区創価学会婦人部「ちよ」さんの実母が亡くなられたと
いう記事が公開されていた。

年末ということもあり、葬儀は大変な事だろうと推察される。
まずは故人のご冥福をお祈りしたい。

しかし「創価学会員」としてブログを主催しているとはいえ
著名人でなく、ブログをされていたわけでもない実母の「死」を
わざわざタイムリーにネットで公開し、

「皆さんの 暖かいお言葉 プリントアウトして 母の棺に入れたい」


などと、身内の「死」をブログのコメント募集のネタにするのは
いかがなものだろうか。

著名人や、世間でも報じられた事故や災害の犠牲者さん、、また
自身がブログをされていたとかならば、一定の配慮の上で
記事にされても理解できるが、ブログ主の身内だというだけで
厳粛な「死」を題材に、意見を募集する目的を明確にし記事
にしているのだから呆れる。

以前、ある日蓮正宗門徒が自宗の正当性を示すために
葬儀の際、ご遺体の顔写真を撮影しネットでアップしていた。
投稿した本人はご遺族の許諾もとっているとのことで
「よかれ」と思ってやっているのかもしれないが、同じ門徒さん
からも、あまりにも不謹慎との批判をうけていた。

さすがに、ちよ・たえさんは故人ご遺体画像まではアップ
されていない。
とはいえ、心理的には故人、創価学会に「よかれ」と自分勝手
に思いこみ、ネットで「人の死」を題材にしたコンテンツをアップ
し読者の反応を期待するのは同根であるといわざるをえない。

非常識であるとともに不謹慎だと拙は思う。

また、「故人を悼むまごころ」を指導している創価学会に反し
哀悼心を利用してブログ集客を目論んでいるのだから、
あらぬ誤解を助長しかねない。 

こういった心やましいことは即刻やめて欲しい。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析