一難去ってまた一難 (上)

拙のブログは現在FC2をメインとし、サブでアメブロにも
開設させていただいている。
最初はexciteで開設したのが始まりなのだが、それ以前から、
学会系公開掲示板に常駐して内外の方と意見交換をさせて
いただいていた。
SNSとちがって、公開掲示板では発信者(書き込みをする人)
同士はリアルでの肩書や性別関係なく対等の立場であった
のが心地よかったのである。

公開掲示板上では日顕宗の話題、現役学会員・法華講員を
公然と標榜し募集活動を行っている他の掲示板やブログでの
出来事を論評記事として投稿させていただいていたのだが、
法華講員や、学会員さんからのクレームが書き込まれたりする
などして、公開掲示板の管理人さんに迷惑をかけているのでは
ないかとのご指摘を受けたり、自分でブログを作れるスキルを
もちながら第三者の掲示板で意見発信をするのは卑怯だ等の
批判をうけて、ブログを開設したのだ。

後に常駐させていただいていた公開掲示板が閉鎖され、いわば
拙が「個人ブログ」に押し込められたような形になったわけだが、
おかげて以前から目を付けていた学会員ブロガー諸氏が好んで
集まるブログサービスや「ブログ村」というランキングサイトに同じ
「創価学会」のカテゴリーで登録し、効率よく記事を見て頂けるという
恩恵を被ることとなった。

個人の公開掲示板では、多数の投稿者となると管理人さんが
各常連投稿者に「スレッドわけ」や「テーマわけ」をするなどして、
新規投稿記事が時系列の古い投稿が下段にさがってしまうという
視覚的な読みにくさを回避していたものだ。
しかし個人ブログが主流となってからはメインの記事はただの
呼び水で、コメント欄内でブログ主と読者が主従関係よろしく
コミュニケーションをとりあうという形がごく普通になったように思う。

大手のSNSサービスブログではどれだけ読者がコメントをいれようが、
元となった記事の副産物でしかない。
つまり、ブログ主の主張と読者の意見は「対等」ではなくったわけだ。
ブログ主は気に入らぬ読者を突然書き込み停止にできるなど管理
しやすくなったのもユーザーに受け入れられた一因だろう。
したがって、SNSではブログ主の意に沿わぬ主張は排他され、同調する
意見ばかりが目につくようになったのではないだろうか。

視点を変えれば、多数の意見の一つでしかなかった公開掲示板と違い
個人ブログ主の権限は大きくなり、自分の設立したブログでだれに
憚ることなく自己主張ができるようになったのだ。
だが、PC、スマホの普及とともに情報発信者も数多く出現することとなり、
現在では同一SNSサービスの登録者同士でのコミュニケーションが主体と
なったり、発信よりも情報収集目的での登録を旨とするユーザの住み分けが
進んだように思う。
そもそもブログ開設時に「ジャンル」を設定するサービスもあるぐらいだ。
雑誌や新聞のように、一つのメディアを目の前広げるだけで多くの意見や主張
が客観的に見られるという媒体ではなく、あらかじめ知りたい情報にアクセスしや
すくなっているのがSNSなどのコミュニケーションサービスの特徴といえるだろう。
単刀直入に言うならば、我々は「細分化」され仕分けられた情報をSNSサービスを
通じて見ているだけにすぎない。

だから、有名人でもなければ、文才もない。オリジナリティの違いも示せない
一般人の単一SNS内での交流にはおのずと限界がある。
こういった不満を解消し、より多くのユーザーに認知してもらいやすくする
ためにユーザーは複数のSNSを登録し、記事を書き、コメント欄で読者応対
をする他に、自分も他者のブログに「イイネ」などの痕跡を残したり同情コメント
を書き込むなどの周知活動に余念がないのだ。
また同一SNS内でのランキングだけではなく、ブログ村などのブログランキング
サービスにも登録することで、目的を果たそうと考えている欲張りな方も多い。
だがそれは、好きなものだけを寄せれば良いという、せっかく手に入れた
「ブログ主の権限」を薄める結果にも通じていた。

公開掲示板はだれでも対等に書き込める利点があったが、それを逆手に
とって、大量の書き込みなどで場を「荒らす」アンチさんの制限が難しかった
デメリットが挙げられる。
個人ブログという形をとることで、ブログ内は荒らされにくくなったものの
アンチさんも学会員と同じ外部のブログランキングを登録利用することで、
3人から5名の協力者がいればと同一内記事ランキング操作が容易となる。
結果「学会員むけ」のプロパガンダをランキング上位にすることで、学会系
記事読者の目につきやすくするという、間接的嫌がらせが可能となったのだ。

(下)に続く

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析