FC2ブログ

嫌われる「SNSおじさん」の特徴

モバイル端末の普及によって、それに特化したSNSサービスが数多く
提供されている。
総務省のHPによると、日本における代表的な6つのSNSサービスのうち
LINE、Facebook、Twitterの順でユーザ登録数があり、2016年の段階では
20歳台の97%以上がなんらかのSNSを利用しているという。
今若者の間ではすでにLINEも飽きられつつあり、インスタグラムなどの
画像系SNSなどが流行しているのだそうだ。
FacebookやTwitterはオッサン好みのSNSとされており敬遠されていうと
聞いて少々笑ってしまった。
------
多くの方は用途別にSNSを使い分けたりされているとおもうが、そのほとんど
は「リアルの知り合い」との連絡用ではないだろうか。
職場や学校といった社会的なコミュニティの延長であるがゆえに、返答にこまる
つまらない内容を送りつけたり、トラブルになるようなぞんざいな物言いは控え
るというのが暗黙のルールとなっている。
そういった他者への配慮がプレッシャーとなりSNS疲れを引き起こしかねない
ので、書き込みが不特定多数に公開されてしまうFacebookやTwitterは避けられている
のだと聞くと、なるほど合点も行く。
あるビジネス系の情報サイトに『密かに部下から嫌われる「SNSおじさん」の特徴』
という記事があり拝見してみた。
その記事によると
○ 自慢したがり「Facebookおじさん」 ○インスタの女王も絶対しないメシ投稿
○ ウザがられる「意識高い系」投稿 ○発信しまくり「LINEおじさん」
が挙げられるという。
------
自慢したがりおじさんとして例に挙げられているのが「筋トレ報告」。
正直一般人のおじさんがどんなトレーニングをしているのか気になると思うのだろうか。
メシ投稿として例に挙げられているのは「食事報告系」。
自分で手の込んだお料理や弁当をつくったのならともかく、ファストフードやコンビニの
弁当を写してなにがおもしろいのだろう。 ウケるとおもっているところが痛々しい。
意識高い系として例にあげられているのが職場の話題やニュースに関する
長文投稿。 自分の意見としてまとまっているのならまだマシかもしれないが、
とめどもない愚癡や誹謗中傷に過ぎない内容なら見ているほうが忍びない。 
また他所からのコピペだけならなおのこと、「意識が高い」ことを暗にアピール
したいだけだ。  これは学会員系SNS利用者にも言える事ではないだろうか。
-------
SNSに限らずブログサービスを新たなコミュニティづくりに使っている場合も同じだろう。
個人的な仕事の話や食事の話をするなら、わざわざ信仰系のブログを銘打たなくても
よいだろうし、細分化されているジャンルで行えば学会員さん以外の方とも知り合いに
なれるだろうに、なぜ同じ信仰をしている者の中だけで「自分に注目してくれる人」を
探そうとするのだろう。
中には自分のビジネスが絡んでいることを伏せて、信仰の話題を無理に
作り上げて集客を目論んでいるものまでいる。
どうせ商売がしたいなら、しっかり料金を払って商用のブログとして運営すれば
よいと思うのだが、無料でつかったうえにルール違反までして集客を図っている
のだから信用ならない。
いくら気のいい学会員さんでも、おいそれと近づきたくないだろう。
------
書いている人が著名人ならともかく、学会員を自称するいち会社員が一般の方からも
敬遠されるようなプライベートな内容をSNSでアップすることで、なにかが変わると信じて
いるとしか思えない方もいる。
学会員さんの場合だと、一生懸命お題目を上げてSNSの開設をすると決めたのだから、
間違いないなどと手前味噌な理屈をつけている方がたまにいる。
たかが趣味的な個人のブログの運営に「使命」だとか宗教的意義を付加している時点で
周りがみえていないと思うし、みようとする努力を放棄しているとはいえまいか。
多くの方が嫌っている内容を、ごく一部の人間に評価されただけで「ウケている」と錯覚し
パターン化してしまう人ほど見てて痛々しいものはない。
97%もの通信機器ユーザーが利用しているSNSであるにもかかわらず、
世間的に『創価学会員ユーザー』が話題になった例があるだろうか。
“嫌われる「SNSおじさん」の特徴”具現化している自称学会員ユーザーさんは
もう少し人の話に耳を傾け、コンテンツ内容を考えたなおしたほうが良いだろう。









スポンサーサイト



プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析