exciteとのやりとりから見えた事:創価の森ウォッチ47

( 初出 2012/8/01 )
exciteブログ管理者さんと何度かやりとりをして解った事を書き残しておきます。

まず、私のexciteブログ管理者さんへ質問は以下。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

※上記、非公開の通知を受けましたが、記事内の「実名」とされる部分が解り
ません。「菊川広幸」は非実名のHNであることはご本人が明言されていますし、
苗字だけでは 本人の特定は無理だと考えます。
例えば、(◎川)の苗字がダメなのだとすれば、この部分を修正すればよろしい
のでしょうか?
また「中傷」とは「根拠のないことを言いふらして、他人の名誉を傷つけること」と
いう認識を私はしておりますが、
非公開となっている記事のすべては該当者の記事の批評・論評をしているものであり
、根拠となる部分は明示しております。
エキサイトブログでは、HNを記載して他のブログの論評をしてはいけないのでしょうか?
是非exciteさんのご意見を伺いたく思います。 2012/7/28

--------------------------------

それに対しての回答は下記のようなものでした。

--------------------------------

☆エキサイトブログでは皆様の情報発信や意見交換の場としてサービスを提供
しておりますが、特定個人を認識できる情報が記述されていなくても、
周知の情報を補って認識することにより特定の個人を識別できる情報と判断される
ものは、権利者からの親告をもって非公開とさせていただくことがございます。

したがいまして、本人の許可なく第三者の実名、
もしくは第三者の特定が可能な情報(ハンドルネームや団体名など)の掲載が認め
られる記事は上記に該当するものとして、修正または削除をお願いしております。
(カスタマーサポート 2012/7/31)

//////////////////////


修正すれば不可視処理された該当記事を復活出来るのか解らなかったので
再質問をしてみました。

>>>>>>>>>>>>>>>>
※少々わかりにくかったので質問させていただきます。
以前の場合は、記事の修正を求められましたが、今回の場合は「新規」で
投稿しないといけないという事でしょうか。
該当部分の修正をしても不可視処理の解除はできないというように
私には読めるのです。
利用規約には「禁止事項」は書かれていますし、情報等の削除や移動等の措置
の権利をexciteさんが有されているのは理解出来ますが、警告を受けた後の
スキームが書かれていないためによくわかりません。
修正の上での再投稿を求められているのか、当初の指示どおり該当記事は削除
せねばならないのかがわかりにくいのです。
不可視処分の解除の方法を、教えていただければ幸いです。 2012/8/1

-----------------------

これに対しての返信は以下でした

-----------------------

☆すでにご案内させていただきましたが、
特定個人を認識できる情報が記述されていなくても、
周知の情報を補って認識することにより特定の個人を識別できる情報と判断
されるものは、権利者からの親告をもって非公開とさせていただくことがございます。

利用規約に基づき、非公開となった場合には、該当記事は早急に削除していただき、
利用規約をご確認のうえ、新規で記事を投稿していただくようお願いいたします。

今後ともエキサイトをよろしくお願いいたします。

(カスタマーサポート 2012/8/1)

///////////////////////////////////



話を総合すると、exciteに「実名で中傷されている」と申告した人は権利者、
「創価の森の小さな家」の菊川広幸さん本人であること。
そしてやはり、権利を侵害されたと親告できるのは本人しかいないことが
明示されています。
(親告:本人がみずから告げること)

またexciteは記事の内容が中傷にあたるのかどうかといった判断をしているわけ
ではなく、大前提として
「周知の情報を補って認識することにより特定の個人を識別できる情報と判断」
し、その親告(おそらく削除要求)を受理したものだという事が解されます。

これは拙ブログのアクセスログをみても証明できます。
不可視処置の告知があった7/23日に、「dhcpg68.excite.co.jp」つまり
excite社からのアクセスが約60回ありました。
a0212032_1818497.jpg
(画像はi2i管理画面からのキャプチャー)

菊川広幸さんは、exciteに申告時に該当記事のURLを付記したようでexcite社は
的確に25記事を閲覧しています。一記事わずか3秒~5秒の確認です。

a0212032_18195336.jpg

これは親告にあった「第三者の実名」が存在するのかを確認したことがうかがえます。

「周知の情報」とは本人が公開した記事や、企業情報等でネットで流されている情報
も含まれます。
つまり、ブログで「実・名」とされるものは苗字だけでも特定の個人を識別できる情報
として認識されれば、その本人が権利侵害として親告できるという事になります。
私の記事を再確認したところ、誤ってフルネーム(字間違い)を記したところが
一カ所だけありました。
仮に、菊川広幸さんが**さんでないとすれば、わざわざネット上の周知の情報から、
**さんを探しだしご本人に通知したというケースも考えられますが、不可視処置
されたすべての記事はネットの「創価の森の小さな家」に関しての内容であることから、
同性の別人の方が「実名をあげた中傷だ」と親告したと解するのは無理があります。

これは菊川広幸さんが、2ちゃんねるの記事にあるとおり、絵手紙作家さんの
ご主人であることの逆証明したという事になるとおもいます。

ともあれ、大津いじめ自殺事件の余波で、加害者とされる未成年者の苗字から
、同姓の全く無関係の別人がネットで誤って攻撃され、職場にまで苦情の電話
がかかったという事例もある※1事から、苗字の併記は以後慎みたいとおもいます。

(参考リンク)
※1:
ネット中傷無関係女性被害 「顔見えず恐怖の日々」 大津いじめ自殺
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012072302000092.html

大津市いじめ問題、病院に怪情報を信じたネット住民の抗議電話が殺到
http://getnews.jp/archives/232133



スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析