ネット相談を公開する狙いと危険性:創価の森ウォッチ49 

( 初出 2012/8/08 元題 ネット質問を公開する狙いと危険性 )

ネットで創価学会員として少々名が知れるようになると、こういった
「組織内の質問・相談」というものが来るようになります。
中にはヘビーな内容もありますが、一番やってはいけないのは、内々に送られた
質問を菊川さんのように「ブログのネタ」に払い下げる方法だとおもいます。

どこのだれだか解らない相手にどこのだれとも確認できない人が組織内の事に
ついて質問をしたり、それを受け入れたりする事が常態化すれば、自分の所属
する幹部に質問をしたりするよりも、まず手っ取り早くネットで聞いてみるという
ような悪しき慣習がはびこる事が予想されます。

またこの質問そのものには変な部分があります。

通常、入会者が組織内で把握できないようになるケースになると
紹介者に通知されるとともに一番最初に所属していた地域に戻るはずです。

「統監がない」という状態で、かつ未だに日顕本尊を受持している状態で
「元の紹介者」を通じて新しく入会の扱いができるはずがありません。

したがって菊川氏の 

※「統監がないというは、その方が組織から離れた状態で引っ越しされ、結果、
 除籍になったのだと思います。新しいチャンスまで運ばれて、素晴らしい
 ことだと思います。」 (創価の森ブログに対する質問 No.1 )

http://megalodon.jp/2012-0806-2334-07/sokamori2.exblog.jp/18788644/


のように軽々しく学会を「除籍」になるなどと言及するのはいかがなものでしょう。
まして、紹介者が解って、連絡先も解っているのなら「お取り替え」で済むだけ
のお話です。「統監の消滅」は学会脱会を意味します。
またその質問者が近くに質問できる幹部がいないというのは作為的ですらあるように
感じます。
なぜならすでに「入会」の手続きを幹部経由でしているというではありませんか。
通常では考えられない事です。

こういった内容を、安易に記事にする事は現場での混乱を招くおそれがあります。
また菊川さんは「これは、私が面倒見の良い学会員と想定されてのお話と存じます。」

などと自讃気満々で喜ばないでください。
菊川さんはただ「頼り」にされた事だけを喜んでいる場合ではないです。
入会や統監について、貴殿が幹部に聞けていないのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析