座談会に出ても楽しくない?:創価の森ウォッチ50

( 初出 2012/8/09 )

菊川広幸さんが始めた座談会シリーズもとうとう愚痴が始まって
しまいました。

座談会で勤行をせずにお題目三唱だけではしっくりこなくて悲しくなるとか。
本部幹部会当時放送でも、しっくり来ていなかったのでしょうか?
悲しくなっていたのでしょうか。
同志とお題目をあげることができる事に喜びを感じられないようですね。

あらためて言うまでもないですが、日蓮大聖人はお題目を唱えるという事を
最大に賞賛されています。

座談会のネタの記事から解ってくることは菊川広幸さんがいかに「形式」に
こだわっているかという事です。


※加えて、「地区の学会家族と共に勤行をしたい」、あるいは、
 「幹部の勤行に呼吸を合わせたい」というニーズがあるからです。
 何故、そのようなニーズを知っているかというと、私自身がそうだったから
(座談会の勤行 2012年 08月 05日記事より)


http://megalodon.jp/2012-0808-1224-05/sokanomori.exblog.jp/18309654/

個人的な願望がいつのまにか「学会内での一般認識」であるかのように語られる
事は詭弁にあたるのではないでしょうか。
しかも「座談会」だけが勤行ができるというものではありません。
地区でもされていますし、支部でも唱題会として開催されています。
たとえそこに直接参加できないとしても、方法はいくらでもあります。
菊川さんが時折、学会本部に足を運び唱題をしているのもこういった現場での
不満からくるものであれば、逆効果になってしまいます。
創価学会では特定の場所の御本尊様を特別視していません。

また
会合で勤行がある場合最初にされる事がありますが、その時間に間に合わ
なければ参加しないのでしょうか?「悲しい気持ち」(ママ)で会合に
参加すれば幹部と呼吸があうはずもありません。

予想通り、菊川さんの嘆きに反応して会合が「一方的伝達だ」などと
いう人がコメントを寄せているようです。

[#IMAGE|a0212032_1244874.jpg|201208/09/32/|mid|478|192#]
※※
>一方的伝達が増えました‥
やはり、1時間しかない会合ですから、どうしてもそのようになりやすい傾向は
あろうかと思います。
どう工夫するかでしょう。
日頃の対話や根回しも大事でしょうね。
(画像・引用文共に、座談会の勤行 2012年 08月 05日記事より)


ブログが墜ちていく傾向は、ブログ主の発言とそれに反応する人のコメント
内容に現れてきます。
自分が愚痴を呼び寄せている事に気がつかないまま「相談された」事やコメント
がある事、アクセス数が増えたとかランキングが上位になっただけで有頂天に
なっている人は要注意です。

組織批判のコメントが寄せられても菊川さんのように追従返答しかできなく
なります。

スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析