嫌中学会員の「気になる記事」作戦:創価の森ウォッチ56

( 初出 2012/10/13 )

“きひろ”事、菊川広幸さんの創価の鯖板でのコメントをまず見ていただきたい。

※先日の協議会でのこと。
あるブロック長が、中国の話をしていた。
「今、日本人の80%が中国を嫌いになっている。20%は好きだという。
この20%の中に、学会員が多数入っているんだと思う」
私は言った。
「嫌いになるのは無理はないでしょう。中国大好き人間だった私でさえ、嫌い
になったぐらいですから」

http://megalodon.jp/2012-1013-1132-30/jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/8831/1347665756/16-

この後掲示板管理者の鯖くんが、隣国との関係を「好き嫌い」の感情論で考える事
こそが危険だと指摘してました。
これはまさに正論だと私はおもいます。

しかし菊川広幸さんは「創価の森の小さな家」において、創価カテゴリーにある
ブログの記事でこれから新聞の記事を引用し

“今後、中国と日本が大きく変化することを想定し、今の状態を記録に残している”
“今後の中国が得をするのか、損をするのかを、数か月、あるいは半年の単位で
 見比べたい”
(近況報告 2012年 10月 12日)

http://megalodon.jp/2012-1013-1107-26/sokanomori.exblog.jp/18555986/
等と意義を後付けし中国の脅威ばかりを扱った記事を掲載する事を予告しています。

しかし、私はその「意義」は表面上のものであると推察しています。

「気になる記事」シリーズが創価カテゴリーにおいて「注目記事」として
アンクアップし、本館・別館とのカテゴリー登録分離後に人気ブログランキングの一位に
返り咲いた事から、気をよくした菊川広幸さんがもっともらしい「意義」をつけたのでは
ないでしょうか。

[#IMAGE|a0212032_12443233.jpg|201210/13/32/|mid|314|180#]
(画像はブログ村人気記事ランキング表からの引用)

菊川さんは記事を引用し
「中国が今の強硬な姿勢を続ける限り、中国の経済は確実にオカシクなるだろう」
「場合によっては、中国バブル崩壊の引き金になるかも知れない」
「インターネットに、想像を絶する規制をしている中国の実情を知った」 等々
コメントを付加し、不安感だけを煽っています。
尖閣問題から嫌中になったと主張している菊川広幸さんが中国に対してのネガティブ
キャンペーンをしているにも関わらず、まるで火事見見物をしているような感覚で
創価学会のカテゴリーで紹介しているのですから、これは看過できません。

菊川広幸さんは、ただ記事を紹介しているだけだと反論されるかもしれませんが
たとえコメントを入れずに転載しただけだとしても、扱う記事が中国に対しての
偏向記事であれば、菊川さんが発言しているのと同じ事です。
そして選ばれる記事をならべてみれば、ことさら中国の脅威だけを強調して切り貼り
しているのは明らかです。
いくら「中国大好き人間」だったなどと値打ちをつけたたところで
領海内に漁業監視船が接近したり、中国政府のやり方を見てすぐ「嫌い」になるのでは
表面的な友好であったことを裏付けているようなものです。

鯖板で
「大局観から、また、仏眼から見ないといけない」
と言うのであれば日本の新聞や週刊誌だけでなくもっと相手の発言を学ぶ気概がないと
不可能ではないでしょうか。

私は今回の尖閣問題で進化している中国の良識が見えている事に注目しています。

中国人自らがネットで、「中日関係に理性を取り戻そう」と署名運動が行われている
そうです。
作家崔衛平氏他数人の知識人が提言を公開し、日中両国の相互理解を深めようという
趣旨に600人もの方々が署名をされているというのです。

その中で崔衛平氏はこのように指摘してます。


「暴力的行為をしたのはほんの一握りで、ほとんどの人は理性的な考え方をしている
のに、皆沈黙していた。理性的な声を集め、皆に見てもらいたかった。暴力的な中国の
印象は、中国の本当の姿ではない。ネット上では政府と異なる意見も多い」

(参照サイト:中日関係に理性を 声明起草 中国人作家語る)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012101302000095.html

うらんかなの新聞や雑誌の思惑に相乗りをして「本当の中国」を見たつもりになるのは
愚かな事ではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析