創価のブログ:ネットでの共同作業について 創価の森ウオッチ57

( 初出 2012/11/3 )

11/1から、ブログ創価の森の小さな家の主宰者、菊川広幸(HN)さんが
視覚障がい者さん向けに「御書」をひらがなにしたブログを開設されたとの
記事がありました。

視覚障がいの方は、ネットで情報を閲覧する際に音声ソフトを使われるのですが
仏教用語などの特殊な語句は発音が正確にされなかったり、漢字によっては
発音再生されないといった不便があるという事で、日蓮大聖人の「御書」を
ボランティアで書き下しブログにアップされているのだそうです。

盲導犬の映画にも表現されていましたが、視覚障がいの方は書籍を音読したものを
録音されたり、点字に変換したり等、健常者と違って得られる情報が限られてしまいます。
そんな中でブログで知り合った第三者を通じて、ボランティアをされる事自体は
ものすごく良い事だと思います。

しかし、残念ながらブログ開設の喜びもあってか肝心の配慮がおざなりになっている感
が否めません。

11/2付けの「ひらがな御書」ブログ紹介記事では共同作業であるにもかかわらず

※譬えるなら、ひらがな御書という荷台があり、先頭を私がけん引し、荷台の後ろを
 千早さんが押しているようなもの

(千里の道も一歩から  11/2記事より抜粋)

と主従の関係のように表現してしまっています。

菊川さんはこの考えをあらため、なぜそのように表現できてしまうのかを
問いなおしたうえで、ボランティアをされるべきです。

自分が、ネットをつうじた視覚障がいの方との仏縁で、すでに千早さんが始め
られていた「ひらがな御書」にヒントを得てお手伝いをさせていただいていると
いう事実を「菊川広幸が先頭で千早さんが後押し」では大変に失礼だと思いませんか?

まったく逆ではないのでしょうか。

情報は「アップ」したもの(できるもの)が、されない人(できない)人よりも優位で
あるかのような錯誤がネットにはあります。

体験談の公開にしてもそうです。
自分から募集したり、内々にしらせてこられた体験談はどうしても「個人情報」を多数
含んでしまいます。
情報を得た場合、それを公開する側には格段の配慮が必要です。
ネット公開をする行為は、“その体験をされてきた苦労”に比べればたいした労力では
ありません。
以前に批評した「アイデアの募集」に関しても同じ事です。

【内】座談会企画のネット募集は無意味 創価の森ウォッチ47

実際に「なにかをなした人」をいくら紹介したところで、自分は所詮は「従」なのです。
たとえ相手にお礼を言われたとしても、自分が公開した事を自分で誇っては台無しです。

「してもらっている」のに「してやっている」という慢心こそが「増上慢」と言われるものの
本質ではないでしょうか。

障がいのある千早さんがすでにされている事を、健常者の菊川広幸さんが受け継いで
いるのですから、「ひらがな御書」の荷台を押そうとしている、または一緒に引かせてもらって
いるのは菊川広幸さんですよね。

特に創価学会において学会員は「同志」であることを常に強調されています。
「共に前進」「共に励まし」「共に泣き」「同苦」
おなじ師匠の元に集って日々自他共の信心に励んでいるわけです。
師弟と主従はまったく違います。

立場上の上・下は組織としてあっても、ココロの主・従の関係を無意識におしつけてる
ようでは日蓮大聖人が残された「御書」の内容とは正反対だと私はおもいます。

ココロの主従が存在するからこそ、自分に意見をされる事や近寄る事すら許せない。
これが対話と対極にある「完全拒絶」です。

感謝を口にするのは簡単ですが、「自我」を優先している人は常に自分の些細な手柄
を誇るので察知できま。
まず境涯を高めるために自分の足下を固める事が一番大事ではないでしょうか。

相手に頼まれる事も、相手に頼む事も一人一人の「貴重な時間」を割いていただいて
いるという一面が心から理解できていれば「増上慢」は克服できるでしょう。

その兆しはかならず、言葉に現れて行動を伴っているはずです。
ネットでは特に相手の表情がみえず、声が聞こえない分「共同」をされるのであれば
細心の配慮が必要となってきます。
一方だけにより負担を強いて、ありがたがったり、あがめている間柄になれば同志
とはいえないでしょう。


スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析