ひらがな御書計画・目的と手段の取り違え【内】創価の森ウォッチ59

( 初出 2012/11/23 )

菊川広幸さんが視覚障がい者さんに対して、御書を聞いてもらえるように
「ひらがな御書」としてデータを公開するのは結構なことだとおもいますが

テキストをうまく発音で再現されるかは、ソフトの精度によります。
書籍等の文字をテキストデータ化するOCRソフトと同じですね。
菊川広幸さんがPCトーカーというソフトを使って「テキストデータ」を
造ったところで、そのソフト用である事が前提だと言えるでしょう。
それとて使用するOSに縛られています。

菊川さんは、発声ソフトが自分で開発できるように錯覚をされているようですが
人間の耳は「異音」や「不自然さ」を聞き分ける事に長けています。
最近世界的にも認識された「ボーカロイド」ソフトですら、声優さんの声を
サンプリングし、それをベースに音階や抑揚をユーザーが設定できるように
されています。自然にうたわせるにはそれなりのテクニックが必要だそうです。

さて
菊川さんも千早さんも、も「目的」が発音ソフト(PCトーカー)で、どのように
発声しているのかを問題にしておられますが、これは典型的な「手段の目的化」のワナです。

(参考リンク:手段の目的化)
http://www.educate.co.jp/glossary/4-misc/89-fixated.html


手段にこだわり目的がおろそかになるといった民主党が陥った「決められない政治」
と同じものです(笑)

当初菊川さんは視覚障がい者の千早さんから、御書のテキストを発声ソフトを
つかったものをMDで郵送してもらっていたようです。


現在は菊川広幸さんは高価なソフトを購入して確認をしておられるでしょうが
作成してデータが、菊川さんと千早さんが使用しているソフトに対応している
ものであるという発想ができないようです。
手段としての読み上げソフトに振り回されている為に、なかなかコンテンツが
充実しません。
さらには、まだプロジェクトそのものが始まったばかりで成功しているわけでも
ないのに、開始に至る内々にやりとりをしたメールを公開して記事を作成しつづけて
いる様をみると結局、菊川さんは障がい者さんの為ではなく自讃をするために
障がい者さんとつき合っているように見えます。
わざわざ予告をして「千ときひろ」シリーズとして10回の記事を公開するつもりの
ようですが男性は以前紹介した脚本家・浅野さんのブログ記事
 「男はなぜ思い出を美化するのか」
http://taeko-asano.oblog.oggi.tv/archives/417273.html

と同じように、過ぎ去った過去を自分で美化し反芻する事が好きなものです。

事務的なメールのやりとりすら「対話」というステータスに位置づけるのも
菊川さんの自尊心と名聞名利がなせる技でしかありません。
菊川さんは、自分が造ったブログ本をみて評価されれている事
MDが送られたお礼に自分のブログ本を送り、それが千早さんの地域の方に
評価されている事に一番満足していることがうかがえます。
その為のメール公表だと思われるかたもいるでしょう。

※「大きなお仏壇よ!奥さん、絵手紙の先生なんやね。生徒さんも
沢山いるって書いてあるよ。選挙のポスター貼りたくて、ホームセンターでパネル
作って貼ったって書いてあるよ!」と教えてくれて、二人で笑いました(^^)

すぐに自分の目で読めませんが、一般の朗読ボランティアの方に頼もうと思います。
友人や家族などに見せて広布のために大切に使わせていただきます。
本当に嬉しいです。どうもありがとうございました。
--------------------
<千早さんメール 2012-10-4 の感想>
私は、まさか、こんなに喜んでくれるとは考えていませんでした。
目が見えない千早さんに、本を送るのはどうかとも思っていたからです。
私、感動で一杯になり、つい目から涙がポロポロと‥。(^^:
創価の森ブログの本は、→ここをクリック!

a0212032_1416295.jpg

(千ときひろ対話 7 <御礼にブログ本を送付> より記事とキャプチャー画像引用)


それにしても、視覚障がい者さんにPCを使って御書を聞いてもらうのが目的
ならば、なぜwavやmp3といった音声フォーマットをつかう事を思いつかない
のでしょう。
菊川さん(または誰か)が御書を読み上げて、録音したデータを
アップロードしたり、YOUTUBEに公開すれば「うまく発音しない」なんて
悩む必要もないと思いますが。
千早さんに対してならば、MDに録音して送るということもできるはずです。
菊川さんのネット上での評判は「御書全編を何度も拝読した」というのが
一つのステータスになっている事はいうまでもありません。

菊川さんは手段でしかない「ソフト」をうまくつかいこなす事が目的になって
手間暇をかけて悪戦苦闘している事を美徳とすべきではないでしょう。
それは個人的な趣味の領域です。

「菊川広幸」のネット活動を評価してもらわんがために、あの手この手で
見知らぬ地域の学会員さんを巻き込むのは問題ではないでしょうか。

ネットには自分をことのほか高く評価してほしい人がウジャウジャいる事を忘れて
はいけないと思います。

【内】創価のブログ:ネットでの共同作業について 創価の森ウオッチ57
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析