精神の老化現象とは【補足】:創価の森ウォッチ67

( 初出 2013/4/13 )

過日公表した記事内において、「精神の老化」の定義があいまいなままでした。

精神の老化現象と自己陶酔【内】:創価の森ウォッチ66


沖浦さんの件にしても菊川さんの件についても、年令は違うのですが共通する部分が
あります。

記事や書き込みのほとんどが自分に関わった事ばかりで、
「自分のことにしか興味が無いらしい」というのは共通しています。
にも関わらず、信仰心に絡めて行動を正当化しているのも同じです。
沖浦さんは商売がらみ、菊川さんは物品を贈る(もらう)ことが、
許されているかのように錯覚しているのも似ています。

またより多くの創価学会員さんや、未入会の人に「ありのままの姿」とやらを
見せる事で創価学会に対するイメージアップになると根拠も無く過信している
のも同じです。
一見謙遜しているようですが「成功談・苦労談」を自分で表現する事にためらいがありません。

『自分にしか価値のない・他人からは価値を感じにくい自己完結的な行動』
 (アゴラ『SNSにあなたの記憶を記録するのはやめなさい』参考)

まさにネットに公開されている数多の「日記」です。
しかし、ブログなどでありがちな行為それ自体を「精神の老化」としているのでは
ありません。

介護方面でよく使われているものを参考にして解説してみます。


※いくつか挙げてみますと,昔のことはよく覚えているのに,最近のことは
 忘れやすい,昔のことを何度も話す,いろいろなことに興味が湧かなくなる,
 周囲の人に合わすことが苦になり,一人でいることを好む,
 新しいことに付いて行けない,新しい計画を立てられない,意味のないもの
 を集める,といったことがあります。

(精神的老化の対策 http://www.aialdl.com/seisintekirouka/ )

○昔のことはよく覚えている・・    過去の行動の美化・失敗を隠す
○最近のことは 忘れやすい・・    失敗の繰り返しまたは記憶の混乱
○いろいろなことに興味が湧かない・・ 個人的趣味だけに執着、他者への配慮のなさ
○周囲の人に合わすことが苦・・    自分の話に合わせないと不機嫌
○新しいことに付いて行けない・・   応用力がない。合わせようとしない。
○新しい計画を立てられない・・    発想力の低下・衝動的行動・ルーチンワーク化
○意味のないものを集める・・     社会貢献より自分よがりの達成感を重んじる



7つの例を出していますが、1つでもあてはまれば「精神的老化」だという指標では
ありません。
この項目にあてはまる数が多いほど精神的老化がはじまっているといえるでしょう。

肉体的年令ではありません。
精神的な閉鎖性や、あきらめこそが「老化」なのではないでしょうか。

上記「精神的老化の対策」ではこう結論づけられています。

【精神的老化が起こりにくくなるよう対策するには,ストレスを解消することが必要と
 言えます。時々十分の休息を取ることや楽しみ事を行なうなどして,ストレスを
 溜めないようにしましょう。】

気晴らしに始めたネットやブログが、毎日更新やコメントへのレスでストレスになる
なんて本末転倒ですね(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析