【速報】南スーダンPKO 部隊撤収へ

NHKの報道によると、南スーダンで国連PKOの施設部隊任務

についていた自衛隊が、5月の任期終了にともない派遣部隊を

撤収する方向で政府方針を決めたとの報道がありました。

安全保障関連法案に基づく閣議決定で昨年11月から「駆けつけ警護」の

任務が付与されていましたが、活動期間が終了する5月まで、現地で何事も

起こらなければ2012年からの過去最長の自衛隊PKO活動が無事終了

することとなります。

南スーダン国際平和協力業務(PKO) 防衛省HP
http://www.mod.go.jp/j/approach/kokusai_heiwa/s_sudan_pko/


政府の撤収判断にともない、野党側が「やはり治安が悪くなっているからではないか」

「直ぐにでも撤収すべきだ」との批判をすることが予測されますが、無事帰還される

ことで批判を繰り返してきた野党らの「戦争法案」キャンペーンは扇動に

すぎなかったことが明らかにるでしょう。

特に共産党が主張した

「任務遂行」のための武器使用を認めれば、自衛隊 が南スーダン
政府軍と戦闘を行うという危険極まる道に足を踏み出すことになる。
(2016年11月15日 日本共産党書記局長 小池 晃氏 の談話より引用) 



との発言は、事実誤認の杞憂であったことが証明されます。


関連記事

140年目の西南戦争と会長勇退

本日2月22日は、 ニャんニャんニャん の猫の日とされて久しい。
制定は昭和62年のことなのだそうだから、かれこれ30年になる。
しかし、いまから日本史上最期の内戦「西南戦争」が勃発した日が
2月21~22日であることをご存じの方は、そう多くないように思う。
江戸幕府を終わらせ、明治政府の立役者となった西郷隆盛が中心
となった薩摩士族らが、官軍護る熊本城への総攻撃を仕掛けた
のは1877年(明治10年)の2月22日のことで、本年は、140年の佳節
にあたる。

西郷隆盛は明治政府に征韓論を用いられなかったことを不服とし
自ら陸軍最高司令官を辞し、故郷の鹿児島に下野したのだが、
これを期に政府側であった多くの鹿児島出身の陸軍士官や近衛兵
らまでもが帰郷してしまった。(1873年)
明治政府も諸外国に遅れまじと強引な政策を推し進めた結果
元武士である士族らの不満も募り地方で一揆や小規模な戦闘
が起こるなど政情が安定しているとまではいえなかった。
また徴兵制をしいた官軍が反政府蜂起の動きを鎮圧したとは
いうものの、官軍側の中核となっていた薩摩士族らが政府を
みかぎったことで、反乱軍と化してしまうことを恐れることとなる。

鹿児島に下野した西郷隆盛は一般人として隠棲生活をおくって
いたのだが、1874年「私学校」を創設し、鹿児島の士族らに銃術と
砲術を教練するなどしていた。
当時、西郷は反政府軍の錬成を意図していたというわけではなく、
むしろ仕事を失った士族等に対し私的に指導を続け陸軍士官を育て
公に対し暴発しないよう配慮していたといわれている。
ところが、私学校が鹿児島県内に130以上の分校をかかえるように
なり学校関係者だけで一万人ほどの勢力となると、明治政府の政策
に異を唱えるようになり、一部の関係者による陸軍火薬庫の襲撃を
キッカケとして薩摩軍を編成するに至り、政府に上奏するため
鹿児島を出兵。 作戦を定めることなく武装蜂起したのだ。

倒幕から西南戦争に至る経過は後日、作家司馬遼太郎による
小説「翔ぶが如く」がベストセラーとなり大河ドラマにもなりました。
当時国内最強と言われたとはいえ薩摩軍がなぜ無謀とも思える武装
蜂起に至ることになってしまったのか。
司馬遼太郎氏はその理由の1つに成功による組織的な「慢心」を
あげているので引用したい。

○薩軍には「勢い」ということ以外に、戦略らしい思想はなかった。
 このことは多分に西郷や薩軍幹部の戊辰戦争における体験に根ざしている。
 (略)
 「戦争とは勢いであり戦略などは要らない」という教訓が勝利者の西郷や
 桐野以下の骨髄に浸み込んでしまい、さらに桐野以下にすれば、時勢が
 西郷を生んだにもかかわらず、西郷個人が逆につねに時勢であるという
 錯覚を持つにいたった。ひとたび西郷が動けば「時勢」が西郷によって
 雲のごとく風のごとくつくりだされていくという倒錯――あるいは宗教感情――
 というべきもので・・・・
 【あべひ注:桐野=桐野利明、薩摩軍の参謀の一人】
(以上司馬遼太郎 「翔ぶが如く」 第七巻 (西郷の日々)より抜粋引用 )



歴史に翻弄され続けてきたといってよい西郷隆盛の最期の失敗は、同志や
弟子らに担ぎ上げられ、それを受けてしまうことで士族の不満を押さえること
ができるかもしれないと考えてしまったからではないだろうか。

今、聖教新聞紙上で掲載されている小説「新・人間革命」はちょうど、山本会長勇退
の話題となっている。
一部の自称学会員氏は、この「会長勇退」について日蓮正宗宗門に対する当時の
幹部の落ち度だと批判し、幹部として責任を取らず、また責任を問わない会員らに
不信感を抱いて学会活動をしなくなったと述懐していた。
しかし、実際には会長自らが役職にこだわっていた訳で無く、むしろこれを機会に
山本会長に依存しすぎない新しい創価学会を弟子たちで作っていってほしいとの
願いが切々と書かれていた。
実際に、勇退を機に名誉会長となった池田先生は世界広布実現のために、より
力強く羽ばたかれ、会長時代にあまり受けられなかった世界の学府や自治体から
の栄誉を受けられることとなり、現在もその数は増えている。
(参照リンク:https://www.soka.ac.jp/about/philosophy/founder/honor/

もし、池田会長が昭和54年に弟子達の要望に応じ「勇退」されず、
日蓮正宗宗門との全面対決の「時勢」に流され、学会として
神格化されてしまったのなら、西郷らが率いた薩摩軍のように
一般会員らも消耗戦を強いられズルズルと後退していたかもしれないのだ。

そう考えると、「会長勇退」も創価学会の負の歴史ではなく、感慨深いの
ではないだろうか。






関連記事

クラッシャー学会幹部の存在:創価の森ウォッチ 139

アルバイトの学生が、雇用者に連絡のうえやむなく病欠した
にもかかわらず、給与から罰金を引かれていたというブラックバイト
の件でネットサーフィンをしていると、
「クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち」という書籍の
書評を見つけた。
自分の部下を使い酷使させた末出世をしていく上司をいうとのこと。
その特徴は「自分が善であるという確信」と「他人への共感の欠如」だという。

参照リンク :弁護士ドットコム  https://www.bengo4.com/c_5/c_1623/n_5670/ )

善良な部下は、上司から難題をおしつけられても、なんとか期待に
答えようと対処してしまうが、上司は満足しない。さらなる難題をおしつけ
られ、身心ともにすり切れてしまう。結果部下はダメージを受けてしまうのだが
上司だけは評価されるのだ。

この記事を拝見して拙が思い浮かべたのは、「ひらがな御書」を
主催している菊川氏だった。

先月、以下のような記事が公表されていた。

※「ひらがな御書」は「会社の仕事」と同じ価値を持ちます。
 その理由は、仕事もひらがな御書も私の等身大の広宣流布だから。
 (中略)
 その夢のカタチは100編ほどのイメージでした。
 でも、今は300編やると決めました。
(なぜ300編が目標なのか : 創価の森の小さな家<別館>より引用)



御書を他の会員に 「ひらがな」 に訳してもらって自分のサイトに
アップすることに問題があると以前から拙は指摘しているが
それが、広宣流布につながるとか、「会社の仕事」と等価値だと
意義づけるのは、図々しいにもほどがあるだろうし、創価学会の指導
にもない。 つまり我見であるといえる。

菊川氏は上記記事内で、S氏が1番重要な作業を受けている事
を示しつつ
“大先輩のSさんにいつまでもこの作業をお願いする訳にはいかない”
などと一定の配慮を示しているよに見えるだろう。
しかし、当初の目標を倍以上に伸ばしつづけたのは菊川氏自身であり、
個人サイトのコンテンツ作りに他者を無償でこき使いつづけているのも
彼自身ではないか。

大先輩のSさんというのは墨田区の学会幹部須田晴夫氏であることは
以前の記事にも述べたが、菊川氏は「自分が善であるという確信」を
もった理由の一つが、須田氏のような学会大幹部の個人サイトへの関与
を黙認しつづけていることではないだろうか。
その見返りという訳ではないだろうが、菊川氏は須田氏を絶賛する記事
何遍か書いており、暗に「ひらがな御書」の正当性の担保としているように
も思えてくる。

ともかく、当初の目標である100編の御書訳がなぜ300編という
数字に置き換えられたのか、まったく論じられる事はない。
そして、上司から突然300という数字を提示された「ボランティア」スタッフ
と呼ばれる「部下」のいままでの功績は、須田氏ほどの価値が見出せ
ないのだろうか、ブログ記事にとりあげられる場合は「モノを貰ったとき」など
菊川氏に利益があった時にほぼ限られている。
しかもその記事で匿名の「ボランティアスタッフ」の方が、どの地方に
在住されているか推測できる画像を不用心に添付するなどのミスは
相変わらずだ。

他人の善意にすがりながら、菊川氏は毎日御書と無縁の「自分の記事」
をアップし続けている。
五年前、ひらがな御書を計画した時は視覚障がい者の「千早」さんと
二人で進めていくことを決意発表していた。
いまや「千早」さんの存在は透明に匹敵するほど薄くなり、組織化され
たボランティアスタッフという、みなし部下がもっぱら「ひらがな訳」を
受け持たされているのが実情だろう。
本当にスタッフに迷惑をかけていると思うのであれば、いますぐにでも
ひらがな御書の更新を固辞するべきところであろうが、トップダウンで
漠然と300もの目標を掲げて、さらなる協力を強いている。
このような進め方は「他人への共感の欠如」がなせる技ではないだろうか。

ともかく、歯の浮くような世辞で飾っても「ひらがな御書」が完成となった
暁には「菊川広幸」という茨城県の学会員幹部一人の成果となるだけである。
特殊詐欺の被害者は、渦中で目先の目標に追われ騙されていることに気が
つかないというが、それと同じように協力者が「菊川氏のいいなりに過ぎなかった」
という事実に気付いた時、“信仰心につけいられた自分”になにがしかの
ダメージを受けることとなるだろう。

仕事で上司からダメージを受けた方は仕事を辞めてしまう。
それが「クラッシャー上司」であるならば
ネット信仰活動でダメージをあたえ、通常活動を出来なくさせた
因をつくった自称幹部は「クラッシャー学会幹部」というべきだろう。

ネット上での魅惑的な「信仰」の誘いには関与されないことをお勧めしたい。
関連記事

語られない真実 :真実を語るウォッチ41

24時間リレー唱題ということで企画された、ネット同盟唱題。

主催者の墨田区婦人部「ちよ」さんは語る。

※「「魂のリレー」「魂のバトンタッチ」を よろしくお願いします」
(2017-01-26 記事より引用)



彼女はネットで呼びかけに応じた人物の24時間分の担当配分を決め、
活動に忙しいはずの週末の28日~29日にかけて始めてしまった。
しかし、魂のリレーはつながらなかった。
いつの時間帯でも良いと、申告していたはずの福島の壮年さんが、急な
来客の為、担当時間の唱題ができなかった事を正直にコメント欄に
書き込まれたのだ。

24時間リレーというネットイベントが成功したと思い込んで記事を書いて
しまった「ちよ」さんは、「真実」を語ったはずの福島の壮年さんに対し、
公然と中傷をはじめていたのだ。

どんだけ 重要な事かは知らないけど みんなとの約束をどう思っているのかな?
たかがネット リアルが大事 そう思っているのか知らないけど
私にとっては リアルも ネットも 一緒なんだよ
お題目をあげるって事は それだけ真剣なんだよ 
信用を なくしたね 【 2017-01-30 15:32のちよさんコメント】 
http://megalodon.jp/2017-0130-2121-56/tomotiyoo.exblog.jp/27491192/

  



トラックのリレー競技でも、駅伝でも、次走者がいなかったということは
棄権扱いになる。 つまり今回のネット唱題会は失敗だ。
福島の壮年氏は、現場での対話を優先させたのに、ちよさんは自分が
恥をかいた、騙されたと言わんばかりの物言いだ。
しかし、彼女が「お題目の真剣さ」や「信用」を強調するほど、拙には
違和感がつのってくる。

今回突然はじまった「24時間リレー唱題」の企画は、もともと
ネット公然彼氏のハピネスさんが、ちよさんと「二人で」はじめようと
言い出したのが発端なのだ。

今回の リレー唱題は ハピちゃんの 並々ならぬ 決意から・・・
24時間?二人で?(無理じゃん(笑))
私の 心の声が聞こえた(大笑)
この人 本気なんだな?と思った
本気の人には 本気で応えなくちゃ と本気で 思った
今日一日 本気の人が 何人揃うか 楽しみです(^^♪
【2017-01-27 07:10 ちよさんのコメント】



つまり、自分と彼だけが「24時間唱題」をするのは大変だから、ネットを通じ他の人にも
協力してもらおうという、彼女なりの人を食ったような計算の末の出来事にすぎない
のか今回の「同盟唱題」の真相なのだ。

このコメントをみて発憤したのか定かではないが、ハピネス氏もネット24時間同盟唱題
に対し記事を発表している。  そこにはこんなことが書いてあった。

※ 「魔」は、分断を図ります。 「魔」は、仏道を阻みます。
 団結させまいと、唱題をさせまいと、あれこれと、手を変え品を変え、攻撃してきます。脅してきます。

 ( ハピネス氏アメブロ: 本日リレー唱題 「自他共に!」こそ地涌の使命 より抜粋)


この発言は、ネット信仰企画の批判勢力が少なからず現れることを
あらかじめ予測したうえで、「魔」であるという意義づけのつもりだったかも
しれないが、奇しくも団結を破ってしまったのは「真実を語る」ブログの常連
にして、墨田区の婦人部「ちよ」さんを擁護するために他掲示板を閉鎖に
追い込み、彼女から「信用」を勝ち得たはずの福島の壮年さんだったと
いうことになってしまうのだ。 
 
福島の壮年さんは、日蓮正宗から脱講したいきさつを知っており
他の人に相談できず話を聞いて欲しい・・との相談者の願いに応え、
現場に軸足をおいた活動をされていたそうだから、拙にいわせて
もらうならば「至極真っ当な理由」であるように思う。

しかし、リレー唱題の発案者たる「ちよ」さんは
“私にとっては リアルも ネットも 一緒”と言いつつも
各個人の現場の活動よりも、ネット発の信仰活動、自分との約束が
重要なのだろう。
いままで、かなり苦労し身を挺して福島氏が築いてきた「ちよ」さんへの
「信用」とやらが、今回のリレー唱題の失敗であっさりと失われてしまった。

はたして「魔」はだれだったのだろうか・・という問いはいまさら愚問だろう。

唱題をしながらも「己心」の魔にやられてしまったのはなぜかと
いう本質を問うべきだと拙は痛切に思うのだ。










関連記事

組織弱体化の気色 :真実を語るウォッチ 40

ネットで募集し、懇意になった学会員さんを地区やブロックの座談会に参加
させたり、地区での小単位の唱題会とリンクさせて「ネット唱題会」を開催
することで、さも「地域で軸足」をおいているように錯覚させようとしている方
がネットにはいます。

そういった「ネット新潮流」を起こそうとされる方はたいてい、こんな指導を
引用します。

------

 妙法に行き詰まりは絶対にない。
 あるのは、自分の一念に巣くう、臆病や諦めの壁だ。
 己心の壁を打ち破れ!
 あらゆる障害を乗り越え、無限に前進する力が 信心だからである

(以上引用)

-------

上記は 随筆からの引用のようです。
ネットで組織外組織をつくろうとする人は無警戒な学会員を惹き付けるため、
また、疑念を抱かれないようネット活動に協賛することが、信仰の上での
勇気や挑戦に値するかのように意識づけようと、都合良く先生の指導を引用します。

人が集まってくるようになると、単なる個人のブログや掲示版が「我が地域」と
同等であるかのように意識がすり替えられるようになります。
組織とは無縁で推奨されていない私的活動をすることに「己心の壁を打ち破れ」
などとは、片腹痛いですが、まんまと術中に嵌まる学会員さんが後をたちません。

『二兎を追う者は一兎をも得ず』 とは有名な格言ですが、自称活動家が
「ネット」と「現場」の両方で、学会員さんを救おうとするのは無理があります


そもそもネットはコミュニケーションの「道具」にすぎないのですし、
世界の学会員さんは、自分の持ち場があります。組織も整備されています。

ネットを通じ新しい人脈をむさぼろうとしている「ネット活動家」は草創期の「タテ線」
の時代をネットで再現させようとしているのですから、時代錯誤も甚だしいです。
(注:タテ線=紹介者と新入会者のつながりを元にした組織活動・他地域にもまたがる)
現場軽視に直結しています。

あらためて学会指導を引用するまでもなく、現在創価学会の縦糸は「師匠」と「弟子」
横糸は「地区・ブロック」の創価の人脈です。
これらが折り合わさって強靱な信仰組織がなりたっています。
私的な唱題会をネットで募集し、お世話になった皆さんへの恩返し等殊勝な言葉を
書きつらねていますが、横糸を抜き、所属組織を弱体化させようとする「ネット」発の
信仰イベントは断固反対です。

ネットでのタテ線(ブロガーとオトモダチ)の活動からは、
未活の会員さんを救ったなどといった慢心の裏地が透けてみえているから。
関連記事
プロフィール

あべひ

Author:あべひ
「魅惑的な人々」FC2ブログへようこそ!
ご意見や感想は適当な場所でどうぞ

ブログランキングへのタグ
ボタンをクリックするとブログ村に移動しポイントが加算されます。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
アクセスカウンター
無料 無料 無料
ブログ村記事ランキング
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
アクセス解析